美容外科の美容整形と他クリニックで行なう治療の違い

女性
  1. ホーム
  2. 二重整形前の注意点

二重整形前の注意点

婦人

手が届きやすい値段の施術普及

名古屋の美容外科クリニックでも多く利用されている二重整形施術が、埋没法です。埋没法は切開を行なわず、糸でまぶたを縫い留めて二重を作る方法です。糸はまぶたの裏から縫い合わせるので、傷が表面から見えることがありません。切らずに縫い留めるだけなので、切開ほどの手間がかからず、施術でかかる費用もかなり抑えることが可能です。そのため、切開法と比べるとその半額程度の料金で施術できます。名古屋の美容外科クリニックでは、平均価格が約8万円前後で施術を受けることができるようになっています。また施術の方法、糸の種類や留め方などで、名古屋の美容外科クリニックの中でも多少差があります。

二重まぶたへのあこがれ

すっきり、ぱっちりとした二重にあこがれを持っている女性は数多くいます。しかし、全員が一重というわけではなく、奥二重、まぶたの薄い一重、まぶたの厚い一重、幅の狭い二重などそのまぶたの状態は人それぞれです。一概に全員に埋没法が適用できるのかというとそうでもありません。人により受けられる施術は異なります。名古屋の美容外科クリニックなど多くの美容クリニックで比較的手軽に施術が受けられるとはいえ、美容整形には変わりがなくダウンタイムや問題・失敗が全くないわけではありません。施術すればすべて解決すると思いこまず、事前にリスクを把握しておくことが重要なのです。

二重整形前の注意点

二重整形の施術において、理想の二重になることばかりを考えていると思わぬ落とし穴に落ちることがあります。まず埋没法でも切開法でもダウンタイムが全くないケースはありません。最低でも2、3日、方法によっては1週間以上など目が腫れたりむくみが出たり、傷口がグロテスクな赤黒い内出血を伴ってしまうこともあります。すぐ施術後にぱっちり二重になるわけではなく、二重が安定して落ち着くまでにも時間がかかります。痛みや、違和感、施術後患部を濡らせないなど不都合な点もあります。また施術後のケアを適切に行なわないとダウンタイムが長引いたり、施術後に元に戻ってしまったりするケースがあります。再手術などで他の美容外科を探すことになる人もいるので、アフターケアや施術実績などを重視して、クリニックは探すようにしましょう。