脂肪吸引予約から術後まで|美容外科の美容整形と他クリニックで行なう治療の違い

美容外科の美容整形と他クリニックで行なう治療の違い

女性
  1. ホーム
  2. 脂肪吸引予約から術後まで

脂肪吸引予約から術後まで

女の人

脂肪吸引の流れを知ろう

名古屋の美容外科クリニックでの脂肪吸引の流れはどのようになっているのでしょうか。脂肪吸引の流れを術後のケアまで見てみましょう。

予約・カウンセリング・施術前日

名古屋の美容外科クリニックで、まず予約してカウンセリングを受けます。施術の内容、理想の脂肪吸引などしっかり担当医と話し合いを行なうことで、希望の施術を決めることになります。体全体などのミケランジェロ施術なのか、部分痩せで二の腕やお腹の脂肪吸引をするのかなど予算や施術内容を確定します。施術内容の詳しい説明や、注意点、デメリットや負担になること、費用面など懸念事項について話し合いを行なうのもこの予約・カウンセリングの段階で行ないます。この時点の意識のすり合わせが甘いと後でトラブルに繋がる恐れがあります。名古屋の美容外科クリニックでいくつかカウンセリング受けて施術を受けるクリニックを決めましょう。施術の前日には、指示に従って処置前の準備を整えることが必要になります。出血する手術のため、鉄分の摂取や術中の体調不良などがないようしっかり体を休めましょう。寝不足などの問題がないか確認します。

前日・施術当日

手術前日は睡眠時間の確保を行なうことが重要です。食事を摂らないようになど時間ごとの制限があるので、施術指示に従って食事・飲物の摂取は所定の時間内で済ませておくようにしましょう。アルコールで麻酔分解などの異常が起こる恐れがあるので、前日から術後の決まった日数までは禁酒がオススメですよ。施術当日は、予定時間までに名古屋の美容外科クリニックに到着しておくことが大事です。遅刻すると施術を受けられない恐れや、施術時間が長引き美容外科クリニックのスケジュールに影響を及ぼしてしまう恐れがあります。施術の流れは、まず脂肪吸引するエリアへのマーキング、チューメセント法を行ないます。チューメセント法とは脂肪溶解注射の事です。生理食塩水に麻酔薬と血管収縮剤などを混ぜた注射を行ないます。注射が完了したら脂肪をほぐしていき、吸引を行ないます。吸引の際はカニューレという器具を使って脂肪を取りだしていきます。いくつもの長さや大きさの違うカニューレを使って脂肪吸引を行なうことになります。ある程度の脂肪を取りだしたら、シルエットや表面の調整に入ります。最終的なチェックを終えたら凹凸ができないように仕上げて縫合を行ないます。

術後の流れ

縫合が完了した後は、女性看護師によるマッサージが行なわれます。しっかりマッサージをすることで麻酔液の分解排除を早め、術後のむくみや腫れを最小限にします。それが終わったら包帯などでの圧迫や、圧迫下着を着用します。抜いて空洞化した脂肪を圧迫することで、きれいに繋ぎ合わせる効果があります。術後から次の通院までは圧迫下着はそのまま着用が必要です。術後は回復室で休むことになりますが、このときは時間の制約はないので体調が良くなるまで休むようにしましょう。その期間、麻酔が切れたときに痛みがつらい場合はすぐにスタッフに伝えると痛み止めを処方してくれます。術後の飲食は可能ですが、暴飲暴食は避け、水とタンパク質を補う食事を最低でも2週間は心がけると良いでしょう。傷口を濡らさないようにするなどの注意があるので、きちんと従うことでダウンタイムを早く抜けることができます。名古屋の美容外科クリニックの指示にはしっかり従っておきましょう。