美容外科の美容整形と他クリニックで行なう治療の違い

女性
  1. ホーム
  2. ほうれい線を消す美容整形

ほうれい線を消す美容整形

水着の女性

ほうれい線が作る老け顔

小鼻の横から顎に向けて伸びるほうれい線。マリオネットラインがくっきりして、ほうれい線が目立つ顔はずいぶん老けた印象を与えてしまいます。しかし、それはほうれい線がないだけでかなり若く見られる顔になるという逆説でもあります。ではほうれい線を消すにはどういった方法を取ればよいのでしょうか。名古屋の美容外科クリニックで採用されているほうれい線対策について解説します。

切らない・縫わない治療

顔に傷がつくのはやはり誰でも怖いものではないでしょうか。中に糸を入れたり、耳の後ろを切って肌を縫い合わせたりするなど、そうした施術には痛みや長いダウンタイムがつきものです。ダウンタイムの腫れや痛み、傷が内出血しているような状態は、家族がいたり、ご近所付き合いが頻繁だったりなど人によく合う立場にいる女性には辛いものがあります。なるべくなら、目立たずにほうれい線を解消する方法がないかと考えている人も多いのではないでしょうか。そうした人にオススメなのが、名古屋でも多くの美容外科クリニックが取り入れている液体注射で頬のハリを取り戻す注入法です。注入法は、注射によってヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなどを入れて、ほうれい線のへこみを軽減させる効果があります。傷がつかないのでダウンタイムがほとんどなく、名古屋の美容外科クリニックでも施術は日帰りで行なうことが可能になっています。

ほうれい線の原因

主なほうれい線の原因は、乾燥、表情筋の衰え、コラーゲン不足などが要因になっています。年齢とともに皮膚を押し上げるハリを作るコラーゲンが減少し、保水力も弱くなります。これを補って肌を押し上げるのにコラーゲンを注入する施術を行なうことができます。また、ヒアルロン酸はへこんだ溝やしわや持ち上げて、うるおいやハリを与える効果があります。たるみが起きている真皮層を効果的に補助するのに利用されるのが、プラセンタです。プラセンタは動物の胎盤が利用されていて、海外でも胎盤を摂取することで若返りや美容効果があるとして、海外のセレブ達が取り入れている美容方法でもあります。成長因子が多く含まれ、その他アミノ酸やビタミン、酵素など多くの成分が含有されています。真皮層の奥から若返る効果が期待でき、新しく肌の細胞を作る活性化作用が期待できるので今後の美容効果にも期待ができます。名古屋の美容外科でも利用できる成分が違うので、希望する成分注入をしているか、アフターケアなどの情報もしっかり見ながら検討してみると良いでしょう。