美容外科の美容整形と他クリニックで行なう治療の違い

女性
  1. ホーム
  2. 二重整形の埋没法について

二重整形の埋没法について

笑顔の女性

埋没法の二重整形について

名古屋でも多くの美容外科クリニックが取り入れている切らない二重整形。埋没法と呼ばれる施術で、まぶたや目頭、目じりなど切開する切開法よりもダウンタイムが短いことから、多くの働く女性から人気があります。名古屋でも多くの女性患者が、埋没法の施術を受けに美容外科クリニックに訪れています。切らずに済み、ダウンタイムが短いうえ費用も切開法と比べると安いことから、希望する患者が後を絶たない施術です。しかし、誰でも施術を受けられて、二重にできるというわけではありません。どういった人に向いている施術なのか見てみましょう。

埋没法の施術向きの人

埋没法は、まぶたの内側から目を持ち上げる筋肉に糸を留めてまぶたを折り込む方式で行なわれます。一般的には、施術の安定性から2点留めか3点留めが用いられ、糸でまぶたに固定していきます。裏から糸で縫った部分は二重の溝に隠されるので、傷や施術跡が目立つことはありません。施術後も多少は腫れますが、通常は数日で痛みや腫れが引き、徐々に二重が安定します。まぶたが薄く、目を開ける力をある程度備えている人であれば特に問題なく埋没法で長持ちさせることができるでしょう。しかし、施術レベルが低い医師やクリニックで施術を受けると、まぶたの施術でも糸の結び目が目に当たったり、異物感や目に異常をきたしたりする恐れもあります。施術する名古屋の美容外科クリニックを選ぶ時には、実績やアフターケアなどの充実をしているかについても確認しておきましょう。

埋没法より切開法向きの人

埋没法の場合は糸でまぶたを折り込みするため、目の脂肪が多い人やたるみが強い人、目を開ける力が十分にない人についてはあまり向いていません。目の筋力で持ち上げるので、上手く縫合しても、筋肉が持ち上がらず上手く二重にならないケースや、重さで縫い留めてある糸が外れるケースがあります。そうしたタイプはまぶたの脂肪を切除したりする切開法で調整を行なう方が自然でキレイな目元にすることができます。実際に名古屋の美容外科クリニックで相談してカウンセリングを受けてみるとどちら向きか、埋没法でも安定して二重を維持することできそうかが分かるでしょう。中には儲け主体で適当に施術を始めてしまう医師も残念ながらいるため、「できる」という言葉はそのまま鵜呑みにせずに、美容外科クリニックをいくつか回ってみましょう。